こんにちは、カナダで親子留学中のMikiです。親子留学したい、という親御さんが増えているとは思いますが、実際どの国に行こうか、とか、費用は、とか決めることがたくさんありますよね。
実際のところ、私は私の留学に娘を連れてきてるのですが、娘を連れてくる決め手は、彼女の学校の授業料が無料だということでした。
カナダへの留学にあたり当初は私ひとりで来る予定でした。
その時は私の通う学校として、医療英語の習える、カレッジではなく英会話教室を考えていました。

留学を考えた際にカナダ大使館の留学フェアを訪れたところ、カナダのカレッジに私が通うと、娘が現地の学校に無料で通えるという情報を得ました。
親が普通の英会話学校のESLコースに通っているとこの条件は適用されず、Designated learning institutions(政府指定の学校)に通っていることで、小中学校の子供の授業料が無料となります。
親が就労ビザを持っている場合も無料です。

もし親がビザがなく、こどもがカナダで学校に通うために学生ビザを取得するとなると、授業料を払わなければなりません。
地域によって差はあるようですが、私たちの地区では、小学校は年間$15800。
カナダドル1ドルを日本円83円で考えたとして、130万円くらいです。
高いと考えるか妥当であると考えるかは人によると思いますが、日本でインターナショナルスクールに通うとしたら同じかそれ以上かかるのではないでしょうか。

子供の学費が無料といえども、私自身がカレッジの授業料としてカレッジへ同じくらいの金額を支払っているので、費用はかかります。
カナダは物価も高いので、生活するのにも費用がかかります。

フィリピンでの親子留学も人気があるようなので、費用を抑えたいのなら考慮してみてもいいかもしれません。
フィリピンのクラスメートたちの話によると、フィリピンでは英語を教えるための語学学校に力を入れていて、そこの先生たちのレベルが高いということでした。

色々と考えることや悩むことの多い親子留学ですが、私の娘はこちらで仲の良い友達もでき、英語も話せるようになっているので、連れてきて良かったと思っています。

ただ日本で受けられる教育が受けられないことで、算数が遅れている、漢字をあまり覚えていない、などの問題があります。
海外での日本教育をどうしているかについては、今後紹介していく予定です。

Miki